今週の例会

第26回 3月11日(月)

会長の時間

 皆さんこんにちは、昨日の10日、日曜日に米山奨学生修了式・カウンセラー感謝状贈呈式がありました。我が臨海ロータリークラブでお世話をしているルオン・フー・ロック君は9月までということで今回の修了式には該当いたしませんが、副会長でカウンセラーを引き受けていただいている菊池副会長と小山パストガバナーに出席をしていただきました。大変お疲れ様でした。

 また、先週の5日には情報集会で管理運営委員会と3委員会合同で会員増強、公共イメージ、ロータリー財団の委員会があり、出席をされた皆さんお疲れ様でした。

 5日にふた班が開催をすることとなりましたので、私が管理運営へ、菊池幹事が3委員会合同の情報集会に出席をいたしました。管理運営委員会の中の細則の見直しといったテーマで入会金、会費の件について話している中で、会費以外にどれぐらい必要なのかと言ったことが出ましたので、まとめてみました。まず、入会金は5万円、会費は年間20万円を上期と下期に分けて前払いとなっています。そして会費以外に、年次寄付、米山、地区大会、IM、ロータリーデーで約5万円、この他に夜例会、家族会、寄付金、ニコボックス、情報集会、青少年基金などで、会員のみ出席で約8万円、隔年で姉妹クラブに訪問をすると別に約6万円、これに家族会にご家族が参加されると1人約3万円、姉妹クラブ訪問に同行されると1人につき約6万円がプラスされます。こうしてみると会費以外に会費と同額、若しくはそれ以上の20万円から30万円と会費以外に結構な金額がかかっています。そこで、会費の納入方法も前期、後期の前払いだけではなく、月々の支払、全額前払いなど、また、情報集会などではその場で現金で支払うなど、今後、会員増強を考える上でも見直しのできる部分は皆さんで協議をする必要があるのではないかと思います。

 今期2回目が開催された情報集会ですが、古くから在籍をされている会員の皆さんは承知されていることですが、情報集会とはもともと家庭集会と言っており、会員の家庭に出向き行っていたと聞いています。そしてこの会合は1つのテーマをもとに各会員が本音で語りあい会員相互の理解と友情、親睦を深め情報交換を目的としています。

 私は、2013年2月に入会をして21014年7月から副幹事を務めさせていただき以来、例会で皆さんと席を隣同士になることが1年4ヶ月しかないまま、前の席についている方が長く、例会が始まる前、食事をしながら皆さんと色々な話をする機会が少なく、情報集会などの小規模な集まりの時にお酒を酌み交わしながら、ロータリーとは?とか、臨海ロータリーの成り立ち、今後クラブをどのようにしたいかなど、また仕事の話であったり、ご家庭の話などを聞いたり、悩みを打ち明けたり出来る場として、私にとって大変貴重な場となっています。自分が振り分けられた班の日程に都合がつかず出席できない場合は、出席のできる日に開催されている集会に出ることもできますので、会員の皆さんに打ち解けられる貴重な場なので、特に入会歴の浅い会員さんは積極的に参加をしていただきたいと思います。

例会の様子

Copyright © 2019 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.