新着情報

児童養護施設の児童とのふれあい体験会支援プロジェクト

 8月25日土曜日に社会奉仕活動で香々地町の海岸へ行き、地引網体験とバーベキューを行いました。
当日は児童養護施設 小百合ホームのお子さん40名、職員さん11名と米山奨学生のローガン君、クラブメンバー11名と総勢63名が参加しました。
現地では地元の漁師さんと奥様達が出迎えてくれ、地引網の説明、注意事項を聞いたあと、海の中に膝まで入り網を引きました。網を引く人数は多かったのですが、40名が子どもでしたので、網はものすごく重く、汗をかきながら網を引きました。網の中にはブリや地魚そして、たくさんの大きな鯛が入っており、小さなイカやキスは子供たちがタモ網を持って、楽しそうにはしゃぎながらすくっていました。そのあとはバーベキューをして捕れた魚を焼き、魚はあまり好きではないと言っていた子どもたちもおいしいとたくさん食べてくれていました。
子どもたちは夏休み最後によい体験が出来、楽しい想い出になったのではないでしょうか。

児童養護施設の児童とのふれあい体験会支援プロジェクト

児童養護施設の児童とのふれあい体験会支援プロジェクト

児童養護施設の児童とのふれあい体験会支援プロジェクト

Copyright © 2018 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.