今週の例会

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。
会員皆様におかれましては、今年のお正月も、ご家族、お孫さんと共に楽しく健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年一年を振り返りますと、2018年の今年の漢字一字で第1位になった「災」があらわす通り、自然災害が多い年となってしましました。北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、大型台風到来、記録的猛暑など、日本各地で起きた大規模な自然「災」害により、多くの人が被「災」し、防「災」・減「災」意識も高まり、スーパーボランティア尾畠春夫さんの活躍にも注目が集まりました。自然災害は避けることはできません。ここ数年の傾向から今年もいくつかの災害が起これかもしれませんが被害を最小限に抑えるよう備えておくことが重要ではないでしょうか。

 さて、私にとっての一番の出来事は、何といっても臨海ロータリークラブの会長に就任させていただいたことです。7月に会長に就任して半年が過ぎ、社会奉仕活動で小百合ホームのお子さんと地引網体験、大勢のインターアクトの皆さんを北浦項にお連れし青少年交流、多くのゲストをお招きしてのクリスマス家族会などを無事に終えることができ、あっという間の半年でした。皆様のご指導とご協力に感謝いたします。
今年は今上天皇が退位をされ、皇太子陛下が天皇陛下に即位をされる年です。それを受け新元号となります。なにか新しいことが始まるわくわくした気持ちになります。

 また、ラグビーのワールドカップが開催され、大分では世界ランキング1位のニュージーランド、3位ウェールズ、6位のオーストラリア、8位のフィジーなどの好カードが組まれ海外から多くの観戦客が来県をされるでしょう。次年度社会奉仕活動ではこれに絡んだ事業を早くから菊池会長エレクトが取り組んでおります。私の任期もあと半年、「平成」最後の会長として精一杯務めさせていただきますので引き続きご指導とご協力をお願いし、また皆様にとって幸多き一年となりますようご祈念申し上げ、新年のあいさつとさせていただきます。

Copyright © 2019 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.