今週の例会

新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。
 酉年は「取り込む」に繋がるので、運気もお客も取り込めるから、「酉年は商売繁盛に繋がる」とのことです。また酉年の酉はお酒をいれる酒壺であり、収穫した作物から酒をつくる、また収穫できる状態であることから、「実る」という意味があり、とてもいい年であるということです。新しい年が始まるに当たり、会員皆様は、会社のこと、家族のこと、自分自身のこと、それぞれについて計画を立てたことと思います。皆様の計画が実りますことを願っております。
  今年はアメリカで1月20日にトランプ氏が大統領に就任します。就任初日にTPPからの離脱を実行すると発表しています。TPPが発効すれば、これまで国内農業を守ってきた関税の多くが撤廃・削減されるため、輸入拡大と価格低下によって日本の農業に大きな影響を与えることが予想されています。私は親が農業で生計を立てていたということもありますので、TPPの行方には注目しております。さてTPPはどうなるのでしょうか。
  国内では、築地の豊洲移転についてどのような結論が出されるのかに興味を持っております。というより豊洲の土壌汚染問題について関心があるということの方が大きいです。以前も申しましたが、土壌汚染対策はなされているし、地下に空間を設けるのもリーズナブルだと思っています。本当の専門家も同意見のようです。とは言っても心情的な安全安心のこともありますのでどういう結論になりますか。
  私の新年にあたっての思いは、10のクラブの重点目標を達成したいということです。特に会員数の増強1名の純増を達成したいと思います。まだ達成していないその他の項目も厳しいものがありますが、頑張っていきたいと思います。そしてRI会長賞という「実り」を会員皆様のご協力で得たいと思います。

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.