今週の例会

第1回 7月3日(月)

会長の時間

 2018年2019年度会長を仰せつかりました。一年間ご指導ご鞭撻をいただきながら、スムースなクラブ運営ができますよう菊池一利幹事と共に頑張りたいと思いますので皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 そして、昨年度の園田会長、菊池正典幹事一年間大変お疲れさまでした。お二人に敬意を表したいと思います。

 さて、本年度RIのバリーラシン会長のテーマは「インスピレーションになろう」であります。これは、人々の暮らしを変えるような影響をもたらす活動を行うことでロータリーが地域社会の“インスピレーション”になってほしいといった願いから決められました。
「今こそ、障壁を取り除き、前に踏み出す時です、自分たちのクラブの細則を変更したり、さまざまなニーズに応える新しいクラブを結成できるようにしましょう」。とも述べられています。これを受けクラブでも細則について皆さんと議論を交わしながら、もう一度しっかり見直し変更することで活動の幅が広がるようであれば変更することも考えていきたいと思います。

 また、2720地区高山ガバナーは「ロータリーを信奉し、奉仕に行動しよう」とテーマを掲げられました。「ロータリアンは信じ合える良き仲間との出会いを契機として、自らを磨き、奉仕の心を養いながら、ロータリーの素晴らしさを味わっています。ロータリーはまさに”心の太陽”です。ロータリアンの心の内を明るく照らし、私たちを豊かな人生へと導いてくれます。」とおっしゃられています。重点目標としてクラブの活性化、青少年奉仕活動のさらなる支援をあげられています。ガバナーの重点目標を共有しクラブ運営を行いたいと思います。

 そして私のテーマは「親睦と友情を深め更にロータリーを満喫しよう」とさせていただきました。親睦を通し友情を深め奉仕活動につなげていきたいと願っています。
重点目標としては長期戦略委員会の設置、委員会活動の活性化、会員拡大、出席率の向上、青少年奉仕活動、細則の見直しをあげさせていただきました。
委員会活動は、それぞれの会員が委員会を意識し全員で活動をしていけるよう、情報集会とともに年間4回の委員会の開催を計画しています。

 また長期戦略委員会はクラブとしての奉仕活動を継続的に、計画行動できるよう、まずは組織を立ち上げたいと思います。この委員会の中に50周年実行委員会を設置もしたいと思っています。

 微力ではありますが先輩方が築いてきた伝統あるそして楽しいクラブを継承しさらに活性化するよう一年間頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.