今週の例会

第7回 9月14日(月)

会長の時間

 妻のトリセツを読んで

 私は、そもそも女性が大好きだ。しかし、その理由は、まず外観、品格、そして考え方しぐさなどを見て、自分の好みかどうかを判断しています。そんな私は妻のトリセツを読むまで女性脳と男性脳の違いが明確ではなかったのです。

 以前、女性の活用と言う題目のセミナーで、パソコンを選ぶ時、男性は機能で選び、女性は色とデザインで選ぶと言う感覚を持っていただけでした。

 喧嘩をすると、女性はそんな昔の事までどうして言うのかと思っていましたが、女性脳は「いやな事」というタグで過去の事まで繋がっているからで、その時に起った「いやな事」だけに対処しようとする男性脳とは、まったく違うようです。

 女性脳は、自分や他人の経験を自分の知恵に変え、安全に安心して生きていく上でその知恵をフルに出してきます。その知恵は、男にとって日々の小言であったりもします。安全・安心と言うのは、女性は子を産み育てる、その為には不可欠だからです。妻が車を買う時に「ベンツのAクラスが良い」と言いました。ベンツは事故の時に潰れません。妻が思ったのは、自分と子供がいつも乗る車が、絶対的安全と安心なもので、経済的に買えるもの、と考えたのでしょう。

 家事について、男性脳であれば、1つ1つを単発的に考え終わらせていくが、女性脳は家事全体を1つと考え、これをしながらあれをし、と効率や都合や好みで”~しながら”をし、これをしたらどうなるかを1つ1つ感覚で見ています。したがって女性脳は、家事を重ねながらその先を感じているので、ストレスは大きくなるのです。

 そのストレスは、夫や子供へと良く飛んできます!!

 女性脳は「察すること」が1つの愛の証と思っており、これは、物言わぬ赤ん坊を育てる為の女性の本能なのです。

 男性と女性が惹かれるのは、自分にないものを持っている相手なのだから、結婚して考えや好みが違うのは、ある種、当然の事と考えなくてはいけません。

 もし意見の相違で話合う時は、妻と自分の考えそれぞれのメリット・デメリットと実際に調べるなどをして2人で話合うと良いみたいです。

 どんな女性と結婚しても、女性のストレスは向ってくるのだから、しっかり受けとめ、ねぎらったり、察したりして、夫婦の愛を深めていきましょう。

 妻は「この人がいないと生きていけない」と想っていると思います。

 この世に男女が居て求め合う以上、男性は女性を深く知り、人生をより幸せにしましょう。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.