今週の例会

第8回 9月28日(月)

会長の時間

 今日は、日本人の在るべき姿はどういったものか、その一例を紹介します。

 台湾は親日で、東日本大震災の時に200億円を支援してくれました。日本語を話せる方も多く、日本頑張れと言ってくれる人々は今でも沢山いらっしゃいます。

 日本が統治していた時、帝国海軍の高雄基地がありました。海軍には「五省」という訓戒があり、士官学校である海軍兵学校で用いられました。

 その五省とは、

一、 至誠に悖る勿かりしか
(真心に反する点はなかったか)
「それをしなければ」と思っているのに、なんとなく後込みしてしまったところはないか。

一、 言行に恥ずる勿かりしか
(言行不一致な点は、なかったか)
「あの人は口だけだ」とか「口ほどに手が動かない」とか言われるようなところはなかったか。

一、 気力に欠くる勿かりしか
(精神力は十分であったか)
「仕事なんて二の次だ」などと言う気持ちは持たなかったか

一、 努力に憾み勿かりしか
(十分に努力をしたか)
初めから、「できない」と決めつけて、十分な努力もしないで、あきらめていなかったか

一、 不精に亘る勿かりしか
(最後まで十分に取り組んだか)
「もうこうれくらいで良い」と自己満足をしたり、手抜きはしなかったか

 皆さんいかがでしょう。海軍と言うより、人としての生き方を言っているだけと思いませんか?全ての日本人がこの様であったなら、日本の底力は世界一と成ると思います。

 会社の訓戒としても十分に使えるのではないでしょうか。

 新型コロナウィルス感染拡大防止対策(ステイホーム・三密を避ける)を実行した時の日本人は、一部の方を除けば、この五省を守り切ったと感じております。素晴らしい事と思います。

 RCの四つのテストもこれと同等のもので、これを世に拡げていく事も我々の使命だと考えております。

四つのテスト
一、 真実か、どうか
二、 みんなに公平か
三、 好意と友情を深めるか
四、 みんなのためになるかどうか

 これで会長の時間を終わります。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.