今週の例会

第10回 10月19日(月)

会長の時間

 過去私達が知りうる日本や世界で起った偉業と言われる歴史も、全ての戦争も、人が関わったことはたった一人の判断で始まり多くの人を巻き込んで歴史の一部となっています。私達臨海ロータリーのメンバーが、世界平和を願って強い志と継続的信念を持って事業や言動を行ったならば、それは臨海の○○さんから始まった。今では世界的事業となり歴史的偉業となった。となるでしょう。

 しかしながら、偉業を行おうと思って事業をしても、偉業にはなり得ません。
世界平和を目的とし、それを願い続け、目的に沿った事業を行う事、そして継続させる事が偉業へとつながっていくのだと思います。

 青少年事業も世界平和を築く一つの大切な事業ですし、ポールハリスフェローやポリオ撲滅のような年次基金や平和フェローなどを支援する恒久基金、米山奨学生などへの寄附も世界平和を築く素晴らしい事業です。

 世界的な事、我が国の事、九州、大分県そして大分市の事と地域で考える方法と、分野別に考える方法がありますが、小さな平和の積み重ねが大きな平和へと成ると考えます。

 健全な精神の企業が増れば、健全な社員(人)が増え、地域や国が平和へとつながっていく。「最も良く奉仕するもの、最も多く報われる。」その言葉通り、人々が小さな奉仕から大きな奉仕を行えば、その地域から国、全世界が平和になると思います。

 皆さん、ロータリーで言う健全な精神をもって小さな奉仕から大きな奉仕をロータリークラブにおいて行ない、個人的にも実践していきましょう。

 地域、国、全世界の平和のために!

 新しい歴史は、あなたから始まります。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.