今週の例会

第14回 11月5日(月)

会長の時間

 皆さんこんにちは、昨日は汗ばむぐらいの晴天の中、今年度2回目のゴルフコンペが開催されました。
成績の良かった方も悪かった方も大変お疲れ様でした。とてもたのしい1日を過ごすことができました。

 また、先週3日の土曜日には、ローターアクト主催の留学生交流会に米山奨学生のルオン・フー・ロック君と共にカウンセラーの菊池正典副会長に参加いただきました。少しお話をお伺いいたしましたが、かるた取りをしたり、ゲームをしたりなどとても有意義な会であったとお伺いました。大変お疲れ様でした。

 私は、またオートバイの話と思われる方もいらっしゃると思いますが、3日の土曜日に家内を後ろに乗せ野津原から花公園を通り瀬の本へ抜け、大観峰までツーリングに行ってまいりました。久しぶりに行った大観峰の雄大な景色に感激をし、また、大観峰では大道芸の猿回しをしていたり、インストラクターと2人乗りでパラグライダーに乗るといったことも行われていました。私はパラグライダーに乗りたかったのですが家内に大反対をされあえなく断念をいたしました。春になりロータリーのメンバーが晴れてオートバイの免許を取れた暁には大観峰へツーリングに行き、ぜひメンバーと共に大空を飛びたいと思います。また、北浦項ロータリークラブの皆さんが大分に来られた際に、大観峰にお連れし観光をしていただくと喜ばれるのではないかなとも思いました。

 さて、11月に入り今月はロータリー財団月間となっています。財団は皆様方からの寄付によって成り立っています。そして寄付の90%以上が奉仕プロジェクトに直接生かされます。また「ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。」となっています。今期、財団への寄付は1人当たり150ドル、ポリオ撲滅への寄付は30ドル、米山奨学会普通寄付は7,000円、特別寄付が5,000円となっています。財団月間である今月に、再度財団の意義を理解し快く寄付を行っていただきたいと思います。

 また、11月5日から1週間は世界インターアクト習慣となっています。今月号のロータリーの友に舞鶴高校のインターアクトクラブが毎年欠かさず行っている「舞シューズをタイに送りタイ」といった活動が紹介されています。この活動は6年前から卒業生から寄贈された体育館シューズをきれいに洗い、タイの高校生に送るといった内容です。小さな活動ではありますが、まず行動することが大事なことで意義深いことではないかと思います。皆さんも目を通されていただきたいと思います。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.