今週の例会

第15回 11月12日(月)

会長の時間

 皆さんこんにちは、先週の土曜日に数人でトリニータの試合観戦に行ってまいりました。前半は0-0で後半を迎え、トリニータが先制をし、そのあと追いつかれ、終了5分前ぐらいで点を取り逃げ切り勝利しました。手に汗を握る展開で大変面白く、観戦したメンバーと手を取り合い喜びました。大分FCの姫野副社長、後援会の福本会長おめでとうございました。

 そして、その晩は少し早いのですが会社の忘年会をここオアシスタワーで行いました。私共タイヤ販売店は11月中旬から12月が夏用タイヤとスタッドレスタイヤの入れ替え時期で一番忙しく12月は休む間もなく、時には夜中の1時、2時まで私も一緒になって作業に追われることがあり、毎年忘年会はこの時期に行います。社員全員大いに飲んで食べて12月の繁忙期に向け結束を固めました。

 また、先週の6日火曜日に今期1月26日に開催されるIMの説明会に行ってまいりました。今期のIMは橋本ガバナー補佐の肝いりで、例年の講師をお呼びして講演を聞くものとは少し違い「5年後の我がクラブ」というテーマで9クラブがプレゼンテーションを行いコンテスト形式にして1位から3位まで順位をつけ、1位にはニコボックスへ10万円、2位には5万円、3位には2万円、他にもユニークな特別賞を設けるということです。発表方法の指針として
1.発表の方法は自由とするがパワーポイント等を用いて口頭での発表は避けてください。
2.発表者の人数は制限をしない
3.発表の時間は各クラブ10分で、審査項目は1.説得力 2.先見性 3.実現の可能性 4.クラブの一体感 5.パフォーマンスと熱意
といった内容です。発表内容については長期戦略委員会、理事会において検討をして頂こうと思いますが皆さんの中でいいアイデアがあれば出してください。

 そして、今週末16日金曜日17日土曜日は地区大会です。地区大会についてちょっと調べてみました。ロータリー百科事典に掲載されている内容をご紹介させていただきます。地区大会の目的は親睦、感銘深い講演と、地区内クラブやRI全般に関する問題の討議によってロータリーの綱領を推進することです。大会では、RI理事会から提出された特別な問題や、地区内で生じた問題が検討されます。大会はロータリーのプログラムや地区、クラブの活動を発表する場となり、クラブ同士が交流、対話することが求められています。大会は地区内の会員基盤を維持し、増大する機会であることを認識し、意気を高揚させるような形で、かつ親睦の雰囲気の中に情報を提示する必要があります。また大会では、規定審議会に提出する立法案を承認または提案することができます。さらに規定審議会に送る代表議員を選出することもできます。とありました。地区大会は地区のお祭りであり大事なことを決める場です。できるだけ多くの方に参加をしていただきたいのですが、その中でも特に入会歴の浅い方は出席をしていただきたいと思います。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.