今週の例会

第15回 12月7日(月)

会長の時間

 琉球王国が滅んだのは、交易で栄え平和が続き、戦いはもうしないだろうと多くの人が思い込み武器を捨てたから、薩摩が攻め込んだ時、あっさりと占領されたと聞きます。

 平和な事は、人や国にとって凄く素晴らしい事と思います。しかしながら、平和の基礎の一つに軍事があり、それがあるからこそ、平和が永続して行くのだと思います。

 もし、今日本が自衛隊を捨てたら、近隣の国は、平和国家の日本を簡単に攻略し、私達の今の生活・家族・仕事等は無くなり、悲惨な人生を多くの人が味わうこととなるでしょう。平和だからと言ってボケてはいけません。
平和を維持する為に何をしないといけないかを考えるべきと。他国から攻められない強く平和な日本を、子供達のそのまた子供達へ残して行きましょう。これもまた、私達日本の大人の使命の一つと思います。

新型コロナウィルスが「バイオハザード」で、この後、5GとAIが本格化すると「ターミネータ」となるのかもしれません。
凄く便利ですが、凄く恐い時代になると覚悟が必要と考えます。

例会の様子

Copyright © 2021 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.