今週の例会

第37回 6月3日(月)

会長の時間

 皆さんこんにちは、昨日は本年度最後のゴルフ部のコンペの予定でしたが雨のために中止となってしまいました。参加を予定されていた方は残念でしたが、次年度に向け練習をしておきましょう。
しかし、1日の土曜日は好天に恵まれバイク部では大観峰まで薬真寺さんのデビューツーリングがあり6名で行って参りました。薬真寺さんが入部をしたことでバイク部は6名となりました。まだまだ入部の募集をしていますので、皆さんの入部をお待ちしています。

 さて、6月に入り今期も今月いっぱい、例会も残すところ今日を入れて4回となりました。毎週会長の時間の原稿を考えるのに、もう月曜になったと1週間が早く感じられ、しかし1年がとても永かったように思います。原稿を考えるのもあと3回分ということで気持ちもかなり軽くなりました。そして、先週の29日には次年度の役員会もあり、また地区のカレンダーを見ると次年度に向けたものが多くなり、いよいよ菊池年度に向け動き出しました。残り少なくなった今年度ですが、次年度に向けて皆さんで考えて頂きたいことがあります。1つ目は細則の部分で会費の納入方法です。現在の細則では、「第6条入会金と会費」において「クラブ年会費は200,000円とし、毎年2回、7月1日及び1月1日に納入すべきものとする」となっています。これにより会費の納入月前になるとクラブの資金が不足をするといったことがあり一時的に特別会計から出費をしなければならないといったことがあります。また、会員増強をするにあたり、起業して間もない会社や、若い経営者などには、月払いの方が都合が良かったりするのではないでしょうか。また、会費の未納があった時でも素早く対処が出来ると思います。このようなことにより今まで通り年2回の納入方法に加え、年1回の一括、月払いの2つの方法を取り入れてはと思います。この3つの納入方法はすべて前払いとします。

 2つ目は例会プログラムです。現在例会プログラムは細則によって決まっており、それに沿った形で例会が行われています。その中でロータリン豆知識は豆知識で話すこともあまりなくなってしまったといった話を聞きます。そこで、ロータリアン豆知識は月に1回とし、そのほかの週は先日の次年度役員会の中で出た「会員のよもやま話」を週報に掲載するといった意見が出ましたが、例会で話しその内容を週報に掲載するといったことにしてはどうかと思います。3つ目は例会プログラムの中に「その他」を取り入れてはどうかと思います。ここでは、会員が何を話してもいいといった内容で、例えば自分の会社や家庭で困っていること、イベント、売り出しについての告知など自由に発言が出来るプログラムです。この3つについては細則の変更に当たるので「第12条改正」にのっとって行う必要がありますので、理事会において意見をまとめ皆さんにお諮りしたいと思います。
4つ目は、姉妹クラブとの今後のかかわり方です。先日、全会員さんに向けて発信をしました「継続期間3か年を永年」とするについて様々な意見がありました。永年とした時には何かあったら解消するのが難しいので中途半端に継続をするよりは解消の方がいいのではといった意見です。これについては相手があることなのですが北浦項RCと話し合いをするにあたり臨海RCとして意見をまとめる必要があると思いますので理事会で承認がもらえれば皆さんにアンケートをとって決定をしてはと思います。
そして例会数について「その週に一般に認められた祝日を含む国民の祝日が含まれる場合(中略)理事会は、例会を取りやめることが出来る」は皆さんにお諮りした結果、反対意見が出ませんでしたので、次年度から取り入れることとなり、これにより次年度は例会が4回少なくなります。

例会の様子

Copyright © 2019 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.