今週の例会

第39回 6月17日(月)

会長の時間

 皆さんこんにちは、先ずは先週の例会に急遽欠席をさせて頂きましたことにご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。私が大分に来て以来30年間友人としてお付き合いをしていた方が54歳という若さで亡くなり告別式に参列をさせて頂きました。そんなことで先週1週間は暗い気持ちで過ごしていました。
私も含め皆さんも健康には十分お気を付けください。

 また、2日の日曜日には菊池正典年度で計画をしている奉仕プロジェクトに関連して、大学ラグビー早明戦に養護施設の子供たちを引率し観戦された会員の皆さん大変お疲れ様でした。ラグビーと言えば日本では野球やサッカーほど馴染みがなく、子供たちにとってルールもよく解らなかったと思いますが、とにかく大きな男の選手が走り回り、音を立ててぶつかり合う姿にはビックリし感動もしてもらえたのではないかと思います。これを機に少しでもラグビーに興味持ちワールドカップ開催時には「花いっぱい運動」で県外から、また海外から来県される方々をおもてなしすることが出来ればよいと思います。そして次年度に向けての情報集会も委員会別で順次開催されています。私も先週の13日に奉仕プロジェクト委員会に出席を致しました。次年度の奉仕プロジェクトも着々と計画が進み7月早々より養護施設に出向き花の苗を植えたりと本格的に動き出します。多くの会員の皆さんの協力がなければ実行できそうにありませんので、皆さんで協力をして盛り上げましょう。

 また、今度の23日日曜日、今年度最後の事業として9R合同でのロータリーデーが開催されます。 今年のロータリーデーは「ポリオ撲滅と地域防災へのサポート」といったテーマでロータリークラブがポリオ撲滅のために活動をしているパネル展示や募金活動に加え、熊本地震で活躍をしたキッチンカーと、活動内容をパネルにしたものと一緒に展示をしたり、防災グッズを展示したりするなど、地域防災の啓蒙活動を行うこととなっています。式典の中では大分クラブが70周年事業の一環として大分市へドローンを寄贈するなど内容が濃く注目度も大きいものとなっています。我が臨海RCでは公共イメージ委員会の兒玉委員長が退会をされましたので副委員長の和田パスト会長にロータリーデーのリーダーとなっていただき、大分市の防災危機管理課へ交渉してもらい協力を得ることができましたので様々な防災グッズをお借りして展示をし、アルファー米、クラッカーなどを無償で配布を行うなどを致します。12時から13時までは臨海RCが担当で清掃活動も行いますので多くの会員さんに出席をしていただきご協力をお願いいたします。

 さて、いよいよ今期の例会も今日を含め2回となりました。そして本日は最終夜の例会ということですので、今期の反省と次年度に向けて大いに語り合い懇親を深めていただきたいと思います。

例会の様子

Copyright © 2022 大分臨海ロータリークラブ. All Rights Reserved.